えひめ学の講義


えひめ学後学期の第11回目。年内最後の講義です。



講義内容は、COC 事業地域連携コーディネーター枠で、「地域の問題と活性化」、地域イノベーションの創出」「愛媛と世界」というテーマです。



法文学部人文学科では、「愛媛と世界・三木特種製紙株式会社の取り組み」がテーマです。三木社長に来ていただき事業内容、海外への展開などについて講義していただきました。



紙という素材が、目に見えるところだけでなく携帯電話のような目に見えないところにもたくさん使われていること、特殊な用途で使われていること、そういう企業が愛媛県四国中央市に存在していることなど目か
ら鱗の学生がたくさんおられました。



また、海外への展開について、特に中国への進出について、ご苦労された経験談など、日本の常識だけにとらわれない対応が必要であること、それらを解決していくためには直接あってコミュニケーションすること、相手の方の思いを感じ取る判断力等を培っていく必要性などについて強調されておられ、共感する学生がたくさんいました。


えひめ学の講義