えひめ学の講義

 5月9日(土)からのえひめ学は、社会からの提言になります。「グリーンツーリズム」、「シクロツーリズ
ム」、「移住交流」の3つのテーマで講演していただきます。
 
 しまなみ海道を中心に自転車旅行の受け入れをしているNPO 法人シクロツーリズム代表理事の山本優
子さんに地域課題解決につながるイノベーションをテーマにお話いただきました。
 
 『しまなみ海道は、他に類を見ない「海峡をまたぐ自転車道」で、年間17万人強の方々がこれら、多様な
楽しみ方をしているとのこと。自転車旅行を産業としてとらえたときの市場性は、スポーツバイクを活用した
自転車旅行への共感が高まりつつある。これからも欧米で成立している自転車旅行を、しまなみ海道とい
うブランド活用と自転車利用者のニーズ把握によってビジネスモデルの構築を進めてきている。』
 
 NPO 法人としては、自転車文化を好きから活用の段階に入ってきています。地域の活性化に向けては、
自転車旅行者を受け入れるためのハード整備として、道路へのブルーラインの整備、タンデム自転車の走
行実現、自転車旅行者用のサインの整備、シェアザロードの啓発、国際サイクリングイベントの実施による
ブランド化支援等行政側の事業と民間によるサイクルトレインやサイクルオアシス、サイクルレスキューな
どのシステム構築などが実施されており、官民の協働による活性化への取り組みが行われています。
 
 このように、NPO 法人シクロツーリズムは、しまなみ海道を基盤として自転車旅行文化を定着させ、地
域経済活動として、未来の地域人材の育成活動として、地域社会の変革をもたらしながら、共創による持
続可能な地方都市創生へつなげる活動を行っています。
http://www.cyclo-shimanami.com/
 
 
えひめ学の講義

150601_01
150601_02