COC公開講座 in 西予市(活動報告)

 愛媛大学では、このたび、平成30年度「愛媛大学COC 公開講座 in 西予市」を開催しました。

 本学では、地(知)の拠点整備事業(COC事業)として「地域の再生を担う実践的人材の育成」を目的に、学生から社会人まで、地域の方すべてを対象に公開講座を開催しています。
 西予市では、「美味しいお茶の間会議『百器紅茶会』」をテーマに、愛媛大学社会連携推進機構の坂本世津夫教授が「紅茶からはじめる地域活性化」と題して、「土佐のお茶」の取り組みなどを紹介しました。
 続いて、全国地紅茶サミットの発起人・サミット世話人会世話人で合同会社コミュニティーデザイニング工房の藤原一輝代表が「日本人と紅茶」と題して、国産紅茶の誕生から地紅茶による地域づくりについて話されました。また、藤原一輝氏は、「紅茶の美味しい淹れ方」として、①ティーポットで淹れる、②ティーバッグで淹れる、③ティー・ウィズ・ミルク(ミルクティー)を具体的に紹介して、美味しい紅茶の飲み方について説明がありました、
 続いて、全国地紅茶サミットin えひめ実行委員会事務局のみなさんのご指導により、西予市の3種類の地紅茶を淹れて、参加者はどの地紅茶とどのお菓子のペアリングが良かったかなど、楽しそうに紅茶の文化に触れていました。

主催者挨拶 愛媛大学治多学長特別補佐

共催者挨拶 西予市管家市長

講演 社会連携推進機構坂本教授

講演 合同会社コミュニティーデザイニング工房
藤原代表

会場の様子

会場の様子

アンケート結果(PDF)ダウンロードはこちら