COC公開講座in今治市(活動報告)

愛媛大学では、このたび、平成28年度「愛媛大学公開講座in今治市」を開催しました。

本学では、地(知)の拠点整備事業(COC事業)として「地域の再生を担う実践的人材の育成」を目的に、学生から社会人まで地域の方すべてを対象に公開講座を開催しています。

今治市では、「古代からみる村上水軍-文化資源としての価値と保存・活用-」をテーマに、愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センターの村上恭通センター長が「要衝・今治の成立過程について-原始・古代を中心に-」と題して講演しました。村上センター長は、原始・古代に瀬戸内海の交差点であった今治市の塩業や製鉄などの要衝となる過程を話されました。

また、今治市村上水軍博物館の田中謙学芸員が「要衝・今治の発展過程について-中世・村上海賊を中心に-」と題して、海上交通の要衝である今治を拠点に村上海賊が台頭する過程を話されました。

続いて行われたパネルディスカッションでは、村上恭通センター長、田中謙学芸員、今治市産業部観光課の武田正徳課長らが、来島城、甘崎城や平野部の国分山城の発掘や造船関係の遺跡が見つかれば海事都市と村上海賊が直結し、村上海賊の新ストーリーが生まれる可能性があることを指摘されました。

また、公開講座に併せて学生等14名が村上水軍博物館の見学と潮流体験を行い、村上水軍の要衝である能島城跡を船上より見学しました。

170304_01

主催者挨拶 愛媛大学 若林学長特別補佐・
社会連携推進機構副機構長

170304_02

後援者挨拶 今治市役所安井産業部長

170304_03

講演 東アジア古代鉄文化研究センター
村上センター長

170304_04

講演 今治市村上水軍博物館 田中学芸員

170304_05

パネルディスカッションの様子

170304_06

今治市村上水軍博物館見学の様子

170304_07

潮流体験の様子

アンケート結果(PDF)ダウンロードはこちら