COC公開講座in松山市(活動報告)

愛媛大学では、このたび、平成28 年度「愛媛大学COC 公開講座in 松山市」を開催しました。

本学では、地(知)の拠点整備事業(COC 事業)として「地域の再生を担う実践的人材の育成」を目的に、学生から社会人まで地域の方すべてを対象に公開講座を開催しています。

松山市では、「プロスポーツと私との関わり ~プロスポーツによる地域振興~」をテーマに、株式会社電通西日本松山支社の森山進営業部長が「プロスポーツと地域振興」と題して公開講座を行いました。

森山部長は、地元の企業や住民がプロスポーツと関わり地域の振興に繋げている事例として、広島カープやサンフレッチェ広島といったチームの存続の危機を市民が救った経緯や利益優先ではなくて地域のために取り組んできたことを話題に上げ、松山でも同じような環境があり、市民との関わりで地域振興を進めていくことに対して可能性が感じられるのではと解説されました。

続いて行われたパネルディスカッションでは、愛媛FCの小玉桂造氏、愛媛マンダリンバイレーツの田室和紀氏、愛媛オレンジバイキングスの松川泰三氏が、それぞれの取り組み事例や今後の課題について発表がありました。また、愛媛大学社会共創学部1年の岩本妃来羅さんから、愛媛FCと私の関わり方について紹介がありました。その後、参加者を交えて、プロスポーツと市民とのこれからの関わり方について意見交換を行いました。

170209_11

主催者挨拶 愛媛大学 仁科理事

170209_12

共催者挨拶 松山市 西泉副市長

170209_13

講演 株式会社電通西日本松山支社
森山営業部長

170209_14

パネルディスカッションの様子

170209_15

会場の様子

170209_16

質疑応答の様子

アンケート結果(PDF)ダウンロードはこちら