COC 公開講座in 西条市(活動報告)


愛媛大学では、このたび、平成27年度「愛媛大学公開講座in西条市市」を開催しました。



この公開講座は、地(知)の拠点整備事業(COC事業)として「地域の再生を担う実践的人材の育成」を目的に、学生から社会人まで地域の方すべてを対象にしたものです。



今回は、「瀬戸内文化圏における西条市の文化資源と観光」をテーマに、愛媛大学法文学部 井口 梓准教授及び法文学部人文学科観光まちづくりコースの学生16名により「西条市における地域文化を活かした広域観光の可能性」と題して、1年かけてフィールドワークで調査した結果を基に作成した観光マップ(8つの物語で旅する新しい西条)の発表と新しい観光のあり方の提言をされました。



また、休憩時間には、学生による「ポスターセッション」と西条市氷見福祉協会障害者事業所ピースの皆様の協力を得て、全国でも珍しい二段発酵茶でありまた本学の食品健康科学研究センター 菅原教授により抗アレルギー効果、抗肥満効果が確認された「石鎚黒茶」の試飲会を行いました。



続いて、愛媛大学地域奏せ須研究センター長 寺谷 亮司教授より「西条市における飲食文化」、愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センター長 村上 恭通教授より「西条市における歴史遺産」について発表され、「瀬戸内文化圏における西条市の文化資源と観光」をテーマに、パネルディスカッションを行い点から面への広域観光の可能性について提案頂きました。



また、西条市を更に良く知ってもらうため学生や教員を対象に、四国最大級の直販所「周ちゃん広場」、酒は料理の脇役であれを信条として西条のうちぬき水を用いたこだわりの酒造りをされている「成龍酒造」の見学を実施しました。

主催者挨拶 愛媛大学 仁科理事

共催者挨拶 西条市 青野市長

研究成果発表の様子

石鎚黒茶の試飲会 風景

ポスターセッションの様子

パネルディスカッション 風景

周ちゃん広場 見学の様子

成龍酒造株式会社 見学の様子

アンケート結果(PDF)ダウンロードはこちら