あいだいCOC事業

概要

概要

組織体制

組織体制

COC事業をバックアップする8つのセンター

愛媛大学における多岐にわたる教育・研究の成果等を積極的に活用して社会連携活動を推進し、地域の発展に貢献します。

知的財産センター

本学における学術研究の成果を知的財産として、創出支援、取得及び管理・活用し、地域社会の発展に寄与します。

産学連携推進センター

産学連携推進センター

民間等外部の機関との共同研究等を推進することにより、本学の教育・研究の進展に寄与し、地域の発展に資します。

地域創成研究センター

地域に関する学際的な研究及び教育を行い、地域創成に関する学術研究の推進を図り、地域の活性化に貢献します。

防災情報研究センター

自然科学と防災情報の融合により自然災害の実体を解明し、防災・減災の為の新たな学術分野を創出します。

南予水産研究センター

水産に関する総合的な研究施設として、南予地域を活性化すると共に、新しい水産学を発信し、水産業に貢献します。

産学連携推進センター

植物工場研究センター

植物工場の基盤技術の研究開発から、実証・展示・人材育成まで、植物工場の普及・拡大を行い、地域の発展に貢献します。

紙産業イノベーションセンター

紙産業に関する学際的な研究及び教育を行い、紙産業の発展に資する学術研究の推進を図り、地域の発展に貢献します。

食品健康科学研究センター

食品の機能性をヒトレベルにおいて解明することで食品の保健機能を高度に活用し、人々の健康維持に寄与します。